薬 副作用 体臭

薬の副作用として体臭がきつくなることもあるの?

スポンサーリンク

病気を治すためや何らかの症状を改善するために薬を飲むことはありますよね。
しかし、この薬の種類によっては、体臭を強くしてしまうこともあるようです。

 

体臭というよりも口臭に影響が大きいのが薬の副作用です。
例えば、降圧剤や利尿剤などの薬には、副作用として唾液の分泌量を抑えてしまう効果があります。

 

口の中の唾液の量が少なくなってしまうと、口の中の細菌が増加してしまい、口の臭いがきつくなってしまいます。
薬の効果であるため、それ以外のところで対策をとるしかないですね。

 

方法としては、こまめに水分を摂取することが基本です。

スポンサーリンク

水分をしっかり取ることによって、口の中の細菌の増殖を抑えることができます。

 

また、これも基本的なことですが、口をしっかりと閉じておくことが大切です。
口をあけたままにしてしまうとより口の中が乾きやすくなってしまい、口臭が強くなります。
口呼吸をしている場合だと口の臭いがきつくなると言いますよね。
なるべく意識して鼻で呼吸をして、口の中を乾かさないようにしましょう。

 

それから、食事の際には良く噛んで食べるようにしましょう。
これだけでも唾液の分泌量を増やすことが可能になります。

 

薬にどのような副作用があるのかについては、処方してくださった医師や薬剤師に詳しく聞いてみましょう。
そのなかに、口を乾かしてしまう作用があるものなどがあれば、上記のような対応で、意識して唾液を分泌しやすい環境を整えなければいけません。

スポンサーリンク

 

 

自力では体臭の対策方法がわからないときは。。。

 

自分なりにデオドラントグッズや生活習慣を見直してみても、
なかなか体臭が改善しないとお悩みの人も非常に多いです。

 

こんな状況がずっと続くと、
どうやったら体臭が気にならなくなるのかわからなくて
精神的にも辛くなってきますよね…

 

そのうちに、自力で解決する方法がわからなくなって、
諦めてしまう人もいます。

 

ですが、諦めてしまっては、これからも同じ悩みを繰り返すだけです(´;ω;`)

 

どうすればいいのかわからなくなった時の対処方法として、
他の人が使っていて、満足度の高い商品を試してみるという方法もあります。

 

以下などは多くの人から支持されているものになりますので、
諦める前に一度試してみてもいいかもしれませんね♪

 

 

>>>人気の体臭対策グッズはこちら<<<